読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sozoro nikki

そぞろ日記

オホーツクへの道、その二

f:id:hao_mei3:20150302083653j:plain

二日目は、稚内から一路紋別を目指して、オホーツクラインを南下しました。

向こうに見えるのは、野寒布(のしゃっぷ)岬です。

今回、稚内に行ってはじめて、北海道の北の先端が二又になっていると知ったわたくし^^;

宗谷岬のほうが、樺太にはちかいようです。

 

f:id:hao_mei3:20150302084622j:plain

二日目に撮れた間宮林蔵の渡航碑。

曇っているのは、バスの窓ガラスが軽く結露しているせいです。

そういえば、去年には結露どころではなくて本当に凍ってしまったなあ。今年は暖かいんですね。

(バスガイドさんは、”気温が+になるのは異常です”と力説?してました)

 

f:id:hao_mei3:20150302084929j:plain

バスから見た宗谷岬

 

f:id:hao_mei3:20150302084747j:plain

通り過ぎたところで、海の向こうをガン見してると、水平線の境にうっすらと雪が積もった山らしき景色が。

どうやら、あれが樺太のようです〜〜〜おおお〜

 

f:id:hao_mei3:20150302090616j:plain

すごいですよね。こういう極寒の地でも家が建っていてひとが生活しているのが。

普段なら日常にかまけてかんがえがおよばないですが。

・自分が田舎育ちなので、日本各地の田舎に住んでいるひとが気になる

・暖かいところ生まれなので、気候の厳しいところに住んでいるひとが気になる

どんな暮らしなのか知りたいですね。

 

f:id:hao_mei3:20150302095524j:plain

オホーツクライン、しばらくはこういう道でした。

除雪されてて、雪もたいしたことなかったんですけど。

 

f:id:hao_mei3:20150302095631j:plain

キレイですね〜

 

f:id:hao_mei3:20150302101736j:plain

風の強い地方なので、風力発電もあちこちにありました。

稚内市はかなりの電力を風力でまかなっているのだとか。

(もう稚内ではないところを走っています)

 

f:id:hao_mei3:20150302102808j:plain

真冬のオホーツクの海。

はぐれ流氷が打ち上げられていないか、いちいち窓から覗きこんでました。

でも、今年の流氷は北のほうまでは到達していない模様。

 

オホーツクラインを200kmくらい走りましたか。

曇りだった天気がだんだん悪化して、おそれていた事態に。

 

f:id:hao_mei3:20150302122047j:plain

紋別近くの流氷岬では、ばっちり吹雪でした!

バスから建物のなかに移動するだけでも、命がけです。

雪が横から吹きつけてます。ひええ〜〜〜

(去年は、層雲峡で吹雪かれました、わたくし)

 

ガリンコ号は当然欠航ですが、オホーツクタワーまでは行けるということで、ガリンコ号乗り場に向かいました。

去年はオホーツクタワーにすら行けませんでしたからね、ちょっと進歩?です。

(もっと暴風になるとタワーに連れてってくれる車が出ないようです)

 

f:id:hao_mei3:20150302131209j:plain

ガリンコ号乗り場。

 

f:id:hao_mei3:20150302131227j:plain

窓から見るガリンコ号。

ここから外に出て、マイクロバスみたいな乗り物で、オホーツク海に突き出たタワーまで行きます。

吹雪いているのでそれだけでも、かなりの寒さ&スリル^^;

 

f:id:hao_mei3:20150302130012j:plain

吹雪かれるなか、ガリンコ号を激写。

 

f:id:hao_mei3:20150302130318j:plain

カメラを引けないので、全貌を撮ることはかなわず。

右手、オホーツク海に突き出た防波堤の先にタワーがあります。

そこまで行くのですが、バスを降りてから建物にはいり、タワーまで移動するのも大変でした〜 むっちゃ暴風雪!!!

 

オホーツクタワーは地下1階、地上3階の構造になっていて、まず最上階のパノラマビューに昇りました。

紋別 オホーツクタワー オフィシャルWEBサイト

 

f:id:hao_mei3:20150302131658j:plain

さらにタワーから突き出た防波堤。紋別港をガード。

あの白いのはもしや…とおもい、売店のかたに尋ねたら「残念ながら向こうの防波堤に積もった雪です」との返事。残念、流氷は沖合い10kmのところまでもどってしまっているようです。

願わくば、ここの売店で働きたいわたし!冬は毎日(来ていれば)流氷、見放題じゃないですか!

 

f:id:hao_mei3:20150302131510j:plain

「撮ってあげるよ」とツアーのかたに言われたのですが、丁重に辞退しました^^;

 

f:id:hao_mei3:20150302133241j:plain

地下の流氷水族館みたいなところには、クリオネも展示されてました。

 

f:id:hao_mei3:20150302133755j:plain

暗いので、カメラ写りがいまいち。

 

f:id:hao_mei3:20150302133803j:plain

 

f:id:hao_mei3:20150302133621j:plain

本物の流氷とか。触れるようになってます。

開けただけで、しょっぱい香りが。

 

f:id:hao_mei3:20150302134335j:plain

タワー全体模型。

 

f:id:hao_mei3:20150302134550j:plain

地下では、海の底から見たオホーツク海が。

でもはっきりいって、曇っていてまったく外側がわからず。

ただ、この「にごり」が豊かな海の証拠なのだそうですよ〜

 

f:id:hao_mei3:20150302134631j:plain

ホタテ(おいしそう〜)

 

f:id:hao_mei3:20150302135655j:plain

地下から1階に階段であがったら、えらいしんどかったです。

ビル5階分くらいの高さがあったような…

 

f:id:hao_mei3:20150302123201j:plain

流氷のなかを行くガリンコ号。

去年の1月くらいには、オホーツクに行ったら、こういう光景にすぐ出会えるとおもってたんですが、甘かった!

 

オホーツクタワーを見学したあとは、ガリンコ号の乗り場にもどって、これからどうするか、ツアー会社の指示待ちでした。

宿泊予定は斜里でしたが、国道や道道が封鎖されているので、きょうは無理です。

斜里に行けば、海岸から流氷を見られるとおもってたのにな〜(オーロラ号には乗れずとも)

 

結局、宿泊は紋別プリンスホテルに変更。

去年、泊まったところです^^;

 

f:id:hao_mei3:20150302170827j:plain

ホテルからのながめ。雪の紋別。

雪はおさまってきましたが、除雪できないので国道は通れず。

結局3日目も通行止めのままでした。

 

最終日につづく…