読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sozoro nikki

そぞろ日記

茨城県自然博物館

おでかけ

f:id:hao_mei3:20160911143813j:plain

先日、茨城県坂東市にある茨城県自然博物館に行ってきました。

ミュージアムパーク 茨城県自然博物館

以前から行きたかったんですけど、今回企画展のタダ券をもらったので、いい機会とおもって車で行きました。電車は……ここからだとかなりアクセスがよろしくないのです(^^;

 

場所でいうと、チーバくんの鼻の横あたりに位置しています。

野田市(千葉県)と守谷市常総市に囲まれているかんじ?

我が家からのアクセスは、まずは印旗沼をめざして我孫子に出て、そこから守谷に向かいました。守谷からも10km以上あったような……かなり遠いです(^^;

 

f:id:hao_mei3:20160911120001j:plain

第一印象としては、「森(林?)と一体になった博物館!」でした。

 

f:id:hao_mei3:20160911132919j:plain

博物館の中からもこんな光景が。

 

f:id:hao_mei3:20160911120325j:plain

内容としては、一般の博物館に歴史要素を除いたかんじ。

自然史や生き物(剥製)の展示が主体でした。

このあたりは、特筆するものはなく。

 

f:id:hao_mei3:20160911133049j:plain

ただ、やはり茨城県の地質はくわしく紹介されています(^^)

筑波山の成り立ちがわかりやすくて、おもわず撮ってしまいました。

あと、入り口に「筑波山地域ジオーパーク、認定!」と早々に告示されていたのはよかったです(*^^*)

日本ジオパークのメルマガで知ったのが9日だったから、関係者もすぐに掲示したのだとおもわれます(わたしが行ったのは11日)

 

f:id:hao_mei3:20160911133245j:plain

ヌオエロサウルスの骨格標本展示。

 

f:id:hao_mei3:20160911121823j:plain

1994年にオープン以来の特別展のポスターがずらりと。

公式サイトによりますと年間40万人の来館者があるそうです。

この日もかなり賑わっていました。茨城県のひとって博物館好きなんでしょうか???(言いたかないけど、千葉はそんなに来館者、きっといないよ〜)

レストランもメニュー豊富で、この点でも中央博(千葉)は見習ってほしい!

 

ただ、この博物館、ちょっと順路が複雑というか、いわゆる「大きな一部屋に展示物を並べている」状態ではないので、「次はどこにいけばいいの?!?」と迷うこともしばしば。

もっとも、工夫を凝らそうとしているのは伝わってきました。理解するには何度か足を運ぶ必要がありそうです。

 

f:id:hao_mei3:20160911133309j:plain

企画展はこれ。

 

f:id:hao_mei3:20160911135208j:plain

ゲルの展示。横の模様がちょっとアイヌっぽいですね^^

 

館内をざっと見て回り、セミナーハウスで持ってきたおにぎりを食べたあとは、屋外に出てみました。

 

f:id:hao_mei3:20160911141017j:plain

ひろーい広場。この博物館の目玉はどうやら野外施設にあるようです。

 

f:id:hao_mei3:20160911141913j:plain

芝生でのんびりするもよし、散策するもよし、子ども連れにはトランポリンなどもあって、1日過ごせるんじゃないでしょうか。

そういえば、駐車場も車でいっぱい! こんな静かなところに「どこから湧いてきた?!?」ってくらいです。観光バスも停まっていたり。

館内閲覧も含めた年間パスポートが1540円(大人)とかなりお得。

「楽しませる」ことに注力しているのが魅力だとおもいました(千葉もがんばってほしい!)