読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sozoro nikki

そぞろ日記

初夏の道東たび3日目〜知床五湖散策(大ループ)その2

f:id:hao_mei3:20160607095058j:plain

知床五湖の遊歩道、四湖から三湖方面に歩いているとき、突然現れた、えもいわれぬ美しい池(沼?)

 

f:id:hao_mei3:20160607095052j:plain

上の木々がそのまま水に映ってます…

水面を境に、本当に対称だったので、見とれてしまいました。

 

f:id:hao_mei3:20160607095109j:plain

水に映ったほうの緑が一層濃く、深いです。

自然の不思議さを目の当たりにしました。

 

追記:

 この池は、雪解け水が豊富になる今の時期だけに出現。

 通称「3.5湖」というそうです。

 

f:id:hao_mei3:20160607095508j:plain

丸い穴が空いているのがわかりますか???

クマゲラの巣だそうです。さしずめ「アパート」

 

f:id:hao_mei3:20160607095800j:plain

木屑もその証拠!

 

f:id:hao_mei3:20160607100120j:plain

三湖に到着しました〜

 

f:id:hao_mei3:20160607100143j:plain

左のほうに小島があります。

三湖は、五湖のなかでもいちばん硫黄山側(知床岬側)に位置する湖で、この池をぐるっとまわって、二湖、一湖(高架木道)方面に行き、来たところにもどるようになっています。

 

f:id:hao_mei3:20160607100202j:plain

ガイドさんが、でっかいうろのある木に案内してくれました^^

 

f:id:hao_mei3:20160607100241j:plain

なんと、中に入れるようです!

 

f:id:hao_mei3:20160607100409j:plain

どれどれ?と入ってみたところ…

 

f:id:hao_mei3:20160607100412j:plain

おお、空が見える〜〜〜

 

木は、真ん中がなくなっても、外側さえ生きていれば、生存していけるのだそうです。

だから、シカに皮を剥がれると枯死してしまいます。

 

f:id:hao_mei3:20160607101412j:plain

三湖から見た知床連山。

 

f:id:hao_mei3:20160607101437j:plain

水深3m。結構深いですね。

 

f:id:hao_mei3:20160607101458j:plain

羅臼岳をズーム!

 

f:id:hao_mei3:20160607101902j:plain

強風で倒れたのでしょうか。ここの自然の厳しさがまざまざと。

 

f:id:hao_mei3:20160607102811j:plain

ひきづつき、三湖の周りを歩きました。

 

f:id:hao_mei3:20160607103346j:plain

ネムロコウホネもあるらしいんですが……

 

f:id:hao_mei3:20160607103507j:plain

倒木更新(^^)

 

f:id:hao_mei3:20160607103529j:plain

落ち着きますね〜

 

f:id:hao_mei3:20160607103750j:plain

また三湖の標識。

 

f:id:hao_mei3:20160607103756j:plain

ああいう小島を見ると、渡ってみたくなります。

昔の人が(日本人でもアイヌ民族でも)、湖の島に「だれかいるんじゃないか」と憧れを募らせ、その気持ちが「神さまのいる島になった」のも、うなずけるかんじです。

 

f:id:hao_mei3:20160607103915j:plain

空が映り混んでいて、綺麗です。

 

と、このあたりで、なんと、緊急事態発生!

ガイドさんの無線に、第二グループ、第三グループと、立て続けにヒグマに遭遇した、との連絡がはいりました(@ @)

えー!マジですか??? 今までののんびり気分があっという間に吹き飛んじゃいました。

 

しばらくその場で待機して、フィールドハウスからの指示を待ちました。

その結果、わたしたちのグループ(第一グループ)はもう行程の半分以上を進んでいるため、このままもどらず、先に進むように、とのこと。

つまり、「ツアー続行」。

ただ、後続の第三グループは、進むと危険、ということで、ツアー中止(第二は進んだような記憶が…)

経験豊富なガイドさんだったので、とても落ち着いていらして、何事もなくツアー再開(^^)

 

どうやら、先発のわたしたちが歩いているとき、付近にヒグマがいたようです(向こうが避けてくれていたっぽい)

ヒグマとすれば、「人間が行ったな〜」と出てみたら、また(次のグループの)人間に出くわした、と、、、

 

滅多に味わえない体験ができましたが、慎重にも慎重を重ねて、ヒグマ活動期のツアーが行なわれていると知るいい機会でした(このあと、午前中は遊歩道は立ち入り禁止に)

 

f:id:hao_mei3:20160607104253j:plain

五湖から流れた水は、このあと地下にもぐります。

 

f:id:hao_mei3:20160607104301j:plain

このあたりは、さっき後続のツアーが出会ったクマが走っていった方向、ということで、あたりに気を配りながら進みます。

ガイドさんは「ホイ!ホイ!ホイ!」とヒグマ避けの掛け声、そして手を叩きながら、こちらからクマに合図していました。

 

その3へつづく〜