読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sozoro nikki

そぞろ日記

初夏の道東たび4日目〜知床半島ウトロクルーズその4

おでかけ


 

 

f:id:hao_mei3:20160608091428j:plain

ウトロクルーズその4です。海から見た知床大橋。

カムイワッカの湯からその先に行くときに通る橋ですが、一般人が行けるのはここまでだそうです。

 

f:id:hao_mei3:20160608091552j:plain

さて、いよいよルシャに近づくわけですが、ここまでおよそ一時間強、ヒグマはまだ現れていません。

船長さん曰く「黒くて動かないのは岩です、動くのがヒグマです!」

必死に目をこらすのですが、いかんせんまるではじめてのど素人、ずっと見てるとクマなのか岩なのかもはや判別できない状態。

「きょうは1/2の"会えない日"」なのかなあとあきらめかけていました。

 

 

f:id:hao_mei3:20160608091603j:plain

おだやかなルシャ。アイヌ語で浜に降りていく道、という意味だそうです。

その名の通り、のどかささえかんじる場所です。

 

クマいないかなあ、と眺めていたとき、船長さんが「いますね、ヒグマの親子です」ととても落ち着いたアナウンス。

一気に盛り上がる船内!

 

f:id:hao_mei3:20160608091937j:plain

ついにヒグマが見られました!

 

f:id:hao_mei3:20160608091947j:plain

やはり親子で、成獣のクマが生まれてさほど時間の経っていない子グマを連れています!

ダメかもとおもっていたので、みんな歓声をあげまくり!

 

f:id:hao_mei3:20160608092008j:plain

子グマはやっぱり好奇心旺盛、お母さんからすこし離れて波打際に近寄っています。

 

f:id:hao_mei3:20160608092016j:plain

それでも、目の端にはしっかりお母さんを捉えているようです。

 

f:id:hao_mei3:20160608092043j:plain

ぴったりくっついたり。

 

f:id:hao_mei3:20160608092056j:plain

おなじポーズを取るのでとても可愛いです(遠くから見る分には)

この写真がいちばん大きく撮れました。

実際にはかなり離れていて、船からズームするのが一苦労。おだやかとはいえ海の上、揺れもあります。

それでも、5分以上は同じ場所に留まってくれたので、なんどもシャッターを押すことができました。

 

f:id:hao_mei3:20160608092159j:plain

やっぱり餌を探してるですかね???

初夏はまだいいものの、夏は餌がとぼしく、親子にとっては試練の季節なのだそうです。命を落とす個体も多いのだとか。この母グマも一頭しか子どもを連れていません。二頭くらいは産むらしいので、もしかすると一頭は生きられなかったのかも。

 

f:id:hao_mei3:20160608092409j:plain

 

f:id:hao_mei3:20160608092422j:plain

 

f:id:hao_mei3:20160608092425j:plain

カニとかも餌になるようです。

 

f:id:hao_mei3:20160608092629j:plain

この親子を見てからすでに二ヶ月以上経ちました。今も親子が元気で生きていることを願っています。

 

f:id:hao_mei3:20160608093102j:plain

ルシャ湾はヒグマ研究者も訪れるところ、この日もルシャにつづく道を車が走っていました。何人か調査に入っていますね。

 

f:id:hao_mei3:20160608093054j:plain

ヒグマの親子のいるところから、100mも離れていません。

さっき母グマが左のほうに移動したのは、人間を避けるためだったのかもしれません。

 

f:id:hao_mei3:20160608093226j:plain

ルシャの番屋。

昔はここに何日も泊まって漁をしたそうですが、今は船が進歩したので、ウトロから通ってくるとのことです。

 

これで念願のヒグマを見ることができました。

ヒグマウォッチングコースにして本当によかったです(*^^*)

ルシャ湾往復コースのため、ここで折り返します。