読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sozoro nikki

そぞろ日記

初夏の道東たび4日目〜知床半島ウトロクルーズその1

おでかけ

f:id:hao_mei3:20160608085328j:plain

時間が空いてしまいましたが、知床旅行のつづきです。

最終日、四日目の午前中は、知床ウトロのクルーズに行きました。

 

f:id:hao_mei3:20160608081917j:plain

お世話になったのはゴジラ観光さん。なぜ「ゴジラ」なのか、それはウトロのゴジラ岩のそばにお店があるから(だとおもいます)

旅行の直前に申しこめたし、駐車場も完備なのでとてもよかったです。

 

f:id:hao_mei3:20160608080457j:plain

直近数日間のヒグマ遭遇のリストもあって、期待が高まります!

クルーズは3つあって、往復1時間の硫黄山コース、2時間のヒグマウォッチングコース、3時間の知床岬コース、です。わたしたちは、ヒグマウォッチングコースにしました。

↑の表を見ると、どうも遭遇率1/2のようです。

 

f:id:hao_mei3:20160608081212j:plain

ヒグマウォッチングコースは、ルシャ湾というところまで行って折り返すコース。

そこは、メスのヒグマが子育てをするところとして有名で、テレビの知床のヒグマ紹介番組でもよく取り上げられています。ヒグマを研究しているかたもそこに行っているようです。

ルシャ川を鮭が遡上するので、それを餌としている、ということです。

 

本当は「地の果て知床」を見てみたかったんですが、小型ということで船酔いを心配して、最初なので2時間コースを選びました。

 

f:id:hao_mei3:20160608083258j:plain

このクルーザーに乗って出発です!

 

f:id:hao_mei3:20160608082744j:plain

大型船は、オーロラ号。真冬に網走から流氷観光船として出てますね。

こちらは揺れは少ないんですけど、大型なので岸に近づけないんですね〜〜〜

ヒグマが見られたとしても、きっと双眼鏡がないと無理っぽい。

 

f:id:hao_mei3:20160608082814j:plain

いよいよウトロ港から出発!

 

f:id:hao_mei3:20160608082924j:plain

けっこうな波しぶき。でも海が穏やかだったせいで、そんなに揺れません。

3時間コースにしなかったことをちょっと後悔(^^;

 

f:id:hao_mei3:20160608083048j:plain

プユニ岬。右上の道路はきのうそこからウトロ方面を撮ったところ。

 

f:id:hao_mei3:20160608083058j:plain

あいだから羅臼岳も見えました。

 

f:id:hao_mei3:20160608083151j:plain

プユニ岬に近づきます。

 

f:id:hao_mei3:20160608083336j:plain

でっかい岩の奥に滝らしきものが見えてきました。

 

f:id:hao_mei3:20160608083346j:plain

フレペの滝です。きのう行ったところ。

 

 

f:id:hao_mei3:20160608083404j:plain

上からは見られなかった、フレペの滝の全貌。

海からならではの光景です。

 

f:id:hao_mei3:20160608083434j:plain

右上に展望台。あそこから滝を見ましたよ〜

 

f:id:hao_mei3:20160608083451j:plain

海から見た柱状節理。

 

f:id:hao_mei3:20160608083512j:plain

船はさらに進んでいきます。波が本当におだやかです。

 

f:id:hao_mei3:20160608083521j:plain

えぐれているのは、流氷のせいなのだとか。

 

f:id:hao_mei3:20160608083548j:plain

岩の間から水が糸のように染み出してますね。この滝はたしか「湯の華の滝」。

 

f:id:hao_mei3:20160608083600j:plain

別名「男の涙」。

写真ではちょっとわかりづらいですが、かなりの勢い!

今の時期、雪解け水が豊富だからでしょうか。

 

f:id:hao_mei3:20160608083611j:plain

上のほうから海めがけてダイブしているようです。

 

ひきつづき、知床クルーズです!