読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sozoro nikki

そぞろ日記

初夏の道東たび2日目〜オホーツクの道の駅とオシンコシンの滝

f:id:hao_mei3:20160606141228j:plain

屈斜路湖アイヌ資料館に行ったあとは、川湯温泉から札弦、清里を経由して斜里に出ました。そこから知床国道を走ってウトロに向かいます。

途中で二カ所道の駅に行ったので、載せておきます。ウトロに入る直前で、オシンコシンの滝を見ました!

 

f:id:hao_mei3:20160606142807j:plain

道の駅「パパスランドさっつる」

札弦の漢字がまったく読めません(^^; 弦を「つる」と読ませるとは〜

 

ここでお昼ご飯にしようかとおもったのですが、レストランは営業時間外で入れず…(午後はお休みの時間帯が)

ただ、温泉が併設されているようで、無料の足湯がありました(でも入らなかった笑)

 

f:id:hao_mei3:20160606152846j:plain

つづいて、知床の玄関・斜里にある道の駅「しゃり」。

斜里駅のそばにあります^^

 

f:id:hao_mei3:20160606152758j:plain

クリオネの水槽がありましたよ〜

ここの道の駅は、完全な観光案内所になっていて、物産や食べ物系は隣の建物に分かれてました。

 

f:id:hao_mei3:20160606153648j:plain

道の駅に寄ったあとは、国道334号・斜里国道を走ります。斜里岳がよく見えました!

カッコイイ山容ですね〜(*^^*)

一列に並んだ畑は、どうもジャガイモ畑のようです。今はもっと青々と成長しているでしょう。

 

f:id:hao_mei3:20160606154211j:plain

そして、いよいよ見えてきた知床連山!

 

f:id:hao_mei3:20160606155602j:plain

午後の光を受けて輝くオホーツク海

「やっと知床に来た」感でいっぱいです。冬は二度も斜里、ウトロに入れなかったので、感激もひとしお。

 

f:id:hao_mei3:20160606161338j:plain

オシンコシンの滝につきました!

知床のウトロ側では気軽に?行ける唯一の滝かも? 国道のすぐそばにあります。

知床は、山と海の距離がとても短いからですね、きっと。

 

オシンコシンとはアイヌ語で「エゾマツが群生するところ」という意味なのだそうです。

落差80m。雪解け水が多くなる春がいちばん水量があるそうです。

 

f:id:hao_mei3:20160606161518j:plain

ちょっとのぼっただけで、滝のそばまで行けました。ものすごい水しぶきです!

 

f:id:hao_mei3:20160606161548j:plain

右側にかすかに虹が出てました^^
 

去年行った茨城の袋田の滝もすごかったですが、こちらの水量もかなりのもの。

爆音で連れの声が聞こえないくらいでした。

途中で二筋に分かれていることから「双美の滝」とも言われるそうですが、う〜ん三つに見えるような……

 

 

オシンコシンの滝はアクセスがラクなせいか、観光バスもひっきりなし。

チャリダーさんもいましたよ〜 知床ではよく見かけました^^

 

滝を見たあとは、ウトロに入ります。