sozoro nikki

そぞろ日記

「チバニアン」に行ってきました

f:id:hao_mei3:20171219133512j:plain

木更津東のうまくたの里に行ったあと、足を伸ばしてみましたよ〜

まだまだ話題の「チバニアン」一月中は最寄駅(小湊鉄道月崎駅)から土日にシャトルバスが出るそうです(とニュースで言っていた)

続きを読む

2017年の夕暮れも見納めなり

f:id:hao_mei3:20171231203550j:image

とうとう2017年も大晦日。

12月から働きだしてはじめての長めのお休みなのに、年末とあってかまったく休めない日が続いています(よって、エントリしたい「チバニアン」ものびのびに〜)

旅行に行けるひとはどうやって時間を捻出しているんだろうと、出国ラッシュの様子を伝えるニュースを見ながら、ふとおもったり。

 

f:id:hao_mei3:20171231203559j:image

夕焼けだと、ピントずれずれの写真も雰囲気があるような?

この時期、宵の明星は出ていないのですね。ちょっとさびしい。

 

2017年は自分史上?激動の年でした。

2018年はもうすこし穏やかに、上向きに、過ごしていきたいです(^^;

 

道の駅木更津 うまくたの里

f:id:hao_mei3:20171219113126j:plain

先日のお休みの日(平日)に、房総方面に行ってきました。

千葉の道の駅一覧を見ていたら、あたらしく木更津にできたと知り、距離もちょうどいい(近すぎず、遠すぎず)ので、即決で決定。

 

道の駅としては、レストラン、お土産、産直、とバランスよい品揃えで、なかなかいいな、とおもいました^^

ただ、そんなに建物が大きくないせいで、ギュッとコンパクトにまとまっているという印象があります。

 

内部は無断撮影禁止だったので載せられませんが、ここではじめて見るお菓子なんかがあって、どれを買おうかすごく目移り。でも試食が用意されていて、とっても選びやすい(混んでるとちょっとダメかも〜 11月の連休はかなりの混雑だったようです)

いろいろ迷ったあげく、「チバリバリ」っていうインパクトあるネーミングのピーナッツバターチップを買いました。

 

お野菜のほうは、こういう観光メインの道の駅にありがちな「野菜すくなくてがっかり」ではなくて、ほっ^^

めずらしい紫の白菜も安くゲットできました(「紫奏子(むらさきそうし)」という雅な名前だった…)

 

レストランもちらっと見たんですが、ランチメニューが1900円!(え!道の駅よ、ココ!)ソフトクリームも450円………う〜ん、殿様商売だなあ…

 

「うまくた」の由来」:

道の駅があるあたりは「馬来田(まくた)」と呼ばれていて、古代からひらけていた土地です。馬来田国造(くにのみやつこ)は古事記にも出てきます。

小櫃川(養老川の南にある)下流の肥沃な土地を基盤に、一帯を支配していた地方豪族とかんがえられます。

(あとで調べてくわしく書きますw)

 

f:id:hao_mei3:20171219113113j:plain

こんなモニュメント?があって、やけにピーナッツ推しだあとおもっていたら、お土産も軒並みピーナッツ関係でした(^^;(あれ?八街や四街道が生産の中心では???)

おいしいですけどね!千葉のピーナッツ!(高いけど〜)

 

道の駅の規模としては、「発酵の里こうざき」と「保田小学校」の中間くらいでしょうか。保田小学校くらいおもいっきり気合い入れてくれてもよかったかも(^^;;;

 

 

せっかく木更津まで来たので、調べてみたら近くだった今話題の「チバニアン」にも足を伸ばしました。次回へつづく〜